2017.12 さっぽろホワイトイルミネーションへ

2017.12.02

ここ数年何だかんだと忙しくて行くことが出来なかった、
大通公園のさっぽろホワイトイルミネーションに久しぶりに行ってきました。

最初は自宅から徒歩でJRか地下鉄を使って向かおうとしていたのですが、
別件で車で出かける用事もあったので「家に車置きに戻るのも面倒だし車で行っちゃおうか!」ということに。

駐車場探しに手間取ったものの、なんとか最大料金1200円、
更にタイムズクラブ会員優待で最大料金1,000円になるところを運良く見つけ入庫。
(大通公園付近は1500円くらいのところが多いのです。
それより安いところは、軽等小さい車でないと入れない駐車場が多かったりします。)

長時間外を歩くので、過剰なまでの防寒対策をしっかりしていよいよ出発。
(カイロ・マフラー・手袋・レッグウォーマー・防寒タイツ・コートの下に厚手のカーディガン等々)
駐車場から一番近かった大通公園8丁目から見ていくことにしました。

7・8丁目「光のエキシビショントンネル」
「日本新三大夜景都市に選ばれた、長崎市、札幌市、神戸市の夜景をイメージした会場。」とのことで、ひたすら各都市のテーマカラー赤・白・青に光るLEDライトのトンネルの中を歩き続けるエリアでした。
…正直ちょっと地味でした。

6丁目「フォレストサークル」
緑色の光が点滅する様子は幻想的でした。

5丁目「トゥインクルガーデン」
メイン会場から遠いためか、ここのフード・ドリンクのお店は並ばずに買うことが出来て穴場でした。
蜂蜜の入ったホットミルクが美味しかったなあ。

4丁目「ジュエリーパレス」
噴水を活かしたデザインで、一番ド派手なエリアでした。
ダイヤモンド型のイルミネーションが可愛いです。

3丁目「スノークリスタル」
デザインも色の変化も一番好きなイルミネーションでした。
このイルミネーションをバックに写真を撮ってくれるサービスが行われていたようで、長蛇の列が出来ていました。

さっぽろホワイトイルミネーションに来ました。 ift.tt/2iCBSah pic.twitter.com/CSSaqSMYYm

posted at 18:04:35

2丁目「第16回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」
前に来たときよりお店の数が減ってしまったように感じました。
それでもクリスマスグッズが並んでいる光景は特別感があって、
見ているだけで楽しむことが出来ました。

今年から設置されたという大型のツリー

ミュンヘン・クリスマス市の会場から見たテレビ塔

1丁目「ラブ・ツリー」
昔は1丁目にも食べ物屋さんがひしめいていたような気がするのですが、
テレビ塔下に移動販売の車が2~3件並んでいただけで少し寂しい雰囲気でした。

感想

LEDのイルミネーションは、くっきりはっきりでとても綺麗でした。
しかし、思い出補正なのかコストカットなのかわかりませんが、
全体的に寂しい印象で以前ほどの感動がなかったのが残念でした。

それと雪まつりと違って知名度が低いのか、外国の方々があまり
いらっしゃらないようなのが印象的でした。
観光地に行って日本語以外がほとんど聞こえなかったのは久々かも。

ちなみに過剰なまでの防寒対策ですが、結果的に大正解でした。
周りを歩いている人たちが皆薄着だったので、
あれ?これ失敗したんじゃね感が漂っていたのは序盤だけ。
北海道の冬を舐めちゃいけません。普通に寒かったです。
普段暑がりな夫も、「マフラーと手袋してきて良かった…」とのことでした。

ということで、さっぽろホワイトイルミネーションの会場を全て見てまわるなら
しっかりとした防寒対策が必須です。

大通公園沿いの札幌大通西4ビルも綺麗でした。


トップへ戻る